トップページ

    このサイトではランドローバーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ランドローバーの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と考えている場合は以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    イギリス車のランドローバーを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか家の近くにあるランドローバーの正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので気を付けてください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ランドローバー(Land Rover)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へランドローバーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからランドローバーの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているランドローバーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、イギリス車のランドローバーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ランドローバーの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「サクッと数年落ちランドローバーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのランドローバーでも高額買取が実現します。

    約10社の業者がランドローバーの見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたのランドローバーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたランドローバーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車の買取業者。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、イギリス車のランドローバーを売るなら一般の買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    なので、イギリス車のランドローバーなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して買取金額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に査定依頼をした後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売却しましょう。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を実際に売るときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、契約を結んだ相手の住所や名前などを記録しておくという義務があるのです。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検の期間が長いと査定に有利ではありますが、売る前に車検を実施しても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、手間と時間を掛けて事前に車検を通す必要は全くないでしょう。

    中古車買取専門店で査定金額を算出する場合においては、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほど査定金額は低下していくのです。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車という名称があり、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    10万キロメートル以上の車に関しては一般に過走行車といわれ、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    自分の車を査定してほしくても、買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは無謀にもほどがあります。

    同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    あえてメリットを挙げるならば、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけばトントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

    減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、あまり査定には影響しないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    保険の支払額というのは時価計算で、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるという条件がクリアできるならの話です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、すべての債務の返済が済むまでのあいだは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    一定の条件というのは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    さらに、還付金がある場合でもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが書類の手続きをして還付されるものなのです。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕に長けていなければ、一見するとキレイになっていてもプロの目からすれば綺麗に見えないこともあるからです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いということとは違いますから注意しましょう。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、修理に出す手間がかかる上に割に合わない結果となってしまうからです。