トップページ

    このサイトではランドローバーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ランドローバーの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と考えている場合は以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    イギリス車のランドローバーを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか家の近くにあるランドローバーの正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので気を付けてください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ランドローバー(Land Rover)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へランドローバーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからランドローバーの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているランドローバーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、イギリス車のランドローバーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ランドローバーの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「サクッと数年落ちランドローバーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのランドローバーでも高額買取が実現します。

    約10社の業者がランドローバーの見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたのランドローバーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたランドローバーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車の買取業者。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、イギリス車のランドローバーを売るなら一般の買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    なので、イギリス車のランドローバーなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して買取金額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に査定依頼をした後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売却しましょう。







    中古車を査定するときに持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということを証明してくれるはずです。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、インターネットサイトで車を査定できるものはたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには一台ずつの詳細な算定は不可能ですが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えると一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、見積額がプラスになることはありません。

    所有者がする程度の掃除なら、あとから業者のほうでも出来るからです。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

    買う側だとて人間ですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとゼロ円査定などという可能性もあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることも充分考えられるからです。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車の売却査定の際にしっかり確認されます。

    見た目にわかるキズは減額要因になるものの、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷はあまり査定には影響しないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても買取額でその修理費の元がとれることはないと言えます。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、プラス査定になることが多いです。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えて車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    でも、査定金額の上乗せを期待して車検が終了した直後に車を手放す必要はあまりないと言って良いでしょう。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどです。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り評価してくれる可能性が高くなります。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。