トップページ

    このサイトではランドローバーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ランドローバーの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と考えている場合は以下で紹介しているオススメの車買取業者を利用してみてください。

    イギリス車のランドローバーを高価買取してもらうために必要なことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの買取店のみとか家の近くにあるランドローバーの正規ディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので気を付けてください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるのでカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ランドローバー(Land Rover)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へランドローバーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからランドローバーの買取相場を調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額が分かるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込んですぐにあなたが所有しているランドローバーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、イギリス車のランドローバーを高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ランドローバーの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「サクッと数年落ちランドローバーの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのランドローバーでも高額買取が実現します。

    約10社の業者がランドローバーの見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたのランドローバーの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたランドローバーを1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車に特化した中古車の買取業者。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。全国に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、イギリス車のランドローバーを売るなら一般の買取店より高く売ることができる可能性が高いです。
    なので、イギリス車のランドローバーなら先にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して買取金額を比べてみてください。

    いくつかの買取業者に査定依頼をした後で、一番最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたランドローバーを売却しましょう。







    大抵の業者は良心的ですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    一定の手続きを踏むことをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定の際に低く見積もられることが大半です。

    そうはいっても、それを回避しようとして買い取りに出す前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    自分でキズやへこみを直したといっても、修理に要した費用以上にグッと査定金額がアップするとは思えないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、車を査定するために要する時間というのは待ち時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークションなどの平均相場を基本としてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、これらに応じた加算や減算をすることによってすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    車の外観の傷というのは中古車買取業者の査定士によって確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等はチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は「十中八九ない」と断言できます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうとメーカー純正品だと高い査定額がつきやすいのです。

    保管中に状態が悪化するのを避けるため、屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    程度の良い別メーカー製ホイールはカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。

    いままで乗っていた車を売却すると、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、自動車なしではいられないという人は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を受けてくれるというものではありません。

    もし必要だと思ったら、代車手配の有無については査定を申し込む前に担当者に聞いておくと安心です。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ満足な価格になったところで契約書を交わします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車を売りに出したりしないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税は戻りません。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    中古車を売ってしまった後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。